本物の情報をお届けする

アダムとイヴの知恵の実.com

誰でもできる最強勉強法

本の読み方

更新日:

何かを始めたりするために本で勉強するにはやり方があります

準備体操 ほんの全てのページを開く

まずは全てのページを最初から最後までさっとめくります。

この時、一ページ約1秒ほど。内容を覚える必要はありませんが、どんな図形があるかとかなんとなくで良いのでできるだけ内容を印象付けるようにします。

 

ラインマーカーとペンで読んで行く

準備体操がすんだら、最初のページから精読していきます。きになるところにラインマーカーとペンで修飾していきながら、自分なりの解釈やポイントになる箇所にはペンでコメントをまとめていきます。

章ごとに表紙裏の余白にまとめを書いて行く

本は内容ごとに章に別れていると思いますが、一つの章を読み終えたらその内容の簡単なまとめ、自分にとって一番学びにつながたことを書き記していきます。こうすることでその章の復讐ができるるのと、このまとめを読むことでその本一冊の内容をフラッシュバックさせることができ、あとで短時間で本の内容を総復習することができます。

 

付箋を有効活用する

ほんの中で役立ちそうな箇所、後々見返したい文言があった場合、あとで探し出そうとすると結構時間がかかります。

そういった箇所があった場合は本の上部から出るように付箋で印をつけておき、のちのち簡単に探せるようにしておきましょう。

 

付箋を有効活用するーその2ー

なんどもなんども読み返して内容を全て頭に叩き込みたいような本、参考書の場合は本の横から出るように付箋を使って章ごとに印をつけておくと非常に扱いがしやすくなります。

 

テクニックの使い方

今まで述べてきたテクニックを使えば、非常に本の理解度が上がり、あとで見返すときも効率的に内容をフラッシュバックさえることができるでしょう。しかし、ここで一つ注意点があります。それは本の重要度によって戦略的にテクニックを使い分けなければならないということです。

以上のテクニックを実践しながら、本を精読するのは普通に流し読みするよりも結構時間がかかります。理解度が上がり、効率的に復習できるようになることは間違いありませんが、上記のテクニックを実践するのにかかった手間以上に時間や効率を手に入れなければテクニックを実践する意味はないということになります。

極論をいえばあとで一度も見返さないようなほんなら、特にテクニック1の”自分なりの解釈やポイントになる箇所にはペンでコメントをまとめていきます”などは全く意味がなく、まとめを書く時間がむしろ無駄になってしまっています。

 

本の重要度によっては、マーカーなども引かず、ただ流し読みする方が効果が最大になる場合もあるでしょう。マーカーだけ引いたり、本を読み終わった後に、章ごとではなく、全体的なまとめを表紙の裏にまとめるのが最適な場合もあります。

逆に、「この本は非常に名著だ。内容の視点や言い回しも素晴らしく、内容の重要度も非常に高い。ぜひ自分の知恵として身に付けたい。」と思えば少々時間がかかってもテクニックを全て総動員し理解度、習得度を最大限にあげる価値があるでしょう。

 

まとめ

何かを勉強したいときや、学校の勉強したいとき、本をどうやって読み解けば良いか。

ポイントは得られる利益とコストを考えながら、得られる利益が最大限になるように上記のテクニックを

適切に使い分けることです。これで知恵の地平線を広げていきましょう^^

-誰でもできる最強勉強法

Copyright© アダムとイヴの知恵の実.com , 2018 All Rights Reserved.